2019/04/14

カンボジア正月・あけましておめでとうございます

カンボジアのお正月は4月です。

今年は14・15・16日が三が日ですが、子どもたちは6日から21日まで学校がおやすみになっています。

今日は元旦ということで、朝からゲーム大会を開催。




どんなゲームをするかは、ソカーさんと子どもたちで話し合って決めたそうです。


椅子取りゲームが白熱しすぎて、椅子壊しました・・・笑

3グループにわかれて競っていたので、最終集計で順位を・・・

結果は・・・??

1位はオンのグループ

2位はサイのグループ

3位はトンのグループ
 みんな楽しめたようでよかったです。



そして午後3時14分、天から女神様が降りてきて、カンボジアの新年がはじまりました。
みんなでお祈りしました

今年もたくさんの方々に見守っていただきながら、子どもたちと健康ですごせたらと思っています。
本年もどうかよろしくお願いいたします。




★おまけ ★

昨日友人たちと釣り堀に行ってきたのですが、思いのほか大漁で・・・。
友人たちが子どもたちへのお年玉ということで魚を買い取ってくれました。
みんなで料理しておいしくいただきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
ランキングに参加しています、クリックして頂けたらうれしいです★

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【スナーダイ・クマエ公式HP】←こちらもご覧ください。
グッズ購入をご希望の方

★Yahoo!ニュース特集記事
挑戦者たちの背中」 ←こちらからご覧になれます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2019/04/09

血液型を知らない

先日、ソカーさんがちびっ子たちを連れて血液型を調べに行ってくれました。

州立病院の裏にあります
みんな、なにするのかわかってるんでしょうか・・・。
うれしそうにしてますけど・・・
あ・・・なんか怖いやつ・・・
見ないように 笑
お出かけかと思いきや、注射されて意気消沈のルー 笑笑


スナーダイクマエでは子ども一人一人に、この写真のような健診帳を作成しています。
定期的に身長や体重などをはかる、あれです。
日本でも学校でやりますよね?

これでみんなの血液型も判明しました。
カンボジアでは大人でも自分の血液型を知らない(調べたことがない)人は多いのです。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
ランキングに参加しています、クリックして頂けたらうれしいです★

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【スナーダイ・クマエ公式HP】←こちらもご覧ください。
グッズ購入をご希望の方

★Yahoo!ニュース特集記事
挑戦者たちの背中」 ←こちらからご覧になれます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2019/04/08

ケントくんのツアー

やっとブログが書けました・・・。
もうすぐクメール正月、周りは浮かれ気味のカンボジア。
なにかとバタバタする時期です。

4月1日にいつも子どもたちと遊んでくれているプロサッカーチーム、ソルティーロアンコールの選手兼監督の藤原賢土くんがサッカーを通じた交流ツアーの一環で日本の高校生4名と共に訪問してくれました。

ガイドは卒院生のパナー(左から2人目)
このツアーの企画で訪問希望のご連絡をいただく前は、まだケントくんとはまったく知り合っておらず(ちょっと知ってましたがその話は・・・笑)、ツアーの下見を兼ねて施設の訪問をしてくれたときから少しずつ距離が縮まっていました。
彼のチームメイトで同じく日本人のフミヤくんとトモくんと共に、練習や試合がない日に子どもたちと遊んでくれるようになっていたおかげで今回のツアーでは子どもたちとのアイスブレイクは必要なく、スムーズに交流に入ることができました。

高校生の皆さんは体育会系というよりはかなり控えめな感じの子たちでしたが、素直で素朴そうだなというのが第一印象でした。

わたしの施設説明や院内案内はそこそこにして・・・と思っていたのですが、最後にわりと色々と質問もしてくれたのでタイムテーブル通りの運びになりました。

その後お互いに自己紹介をしたら、さっそくボールを持ってグラウンドへ。

いつも遊んでくれているおにいさんなので、一緒にいる姿を遠目に見ていてもすごく自然でした。
子どもたち、みんな楽しそうですよね。
ケントくんは身長が180センチ以上あって、がっちりした体格なのに全身からにじみ出る優しい雰囲気のおかげで威圧感がまったくありません。
(サッカーの試合のときとはまた違った雰囲気なんです)

ゲームをする姿を夢中で追ってしまい、ボールを使っている場面の写真がまったくありませんでした・・・、わたしとしたことが・・・苦笑

緊張気味で表情も硬く、声も小さかった高校生の皆さんでしたが、終わるころにはかなりリラックスした感じに。
考えてみたら、ケントくん・子どもたちのアイスブレイクは必要なくても、高校生・子どもたちには必要でしたね。


うちの子どもたちはケントくんとは事前に交流も深めていた、ということはありましたが、それを差し引いても初対面の人たちと仲良くなるのは上手だと思います。
それはきっと小さいときから周りの人がかまってくれるのが当たり前のカンボジアの社会の中で生きているからだと思います。
虐待を受け保護されたという背景を持つ子どもたちですが、そんなさなかにいても村の人たちのやさしさがそばにあり、自分を見てくれている人たちがいるという環境だったはずです。

子ども時代、いや、赤ちゃんの時からたくさんの人たちの手、目、声に囲まれて過ごしているので、人との距離をつかむのが上手なのかなと思っています。
変な意味で警戒しすぎたりはせず、無邪気に甘えられる素直さがあります。

今回高校生の皆さんには、そういうところにも気づいてもらえていたらいいな。
そして共感してくれたとしたら、自分たちの生きる日本の社会でなにか自分にできる素朴な行動につなげてほしいと思いました。


今回のツアーでガイドをしていた卒院生パナーも無類のサッカー好きで、サッカーコーチになるという夢も持っています。
いつかカンボジアの子どもたちにサッカーを指導するパナーが見られるかもしれません。



交流後のフィードバックでは、意見をはっきりと伝えてくれました。
なかでも、とても声が小さくておとなしかった子が「みんなの笑う顔をみていて、自分も普段からもっと笑おうと思いました」と言ってくれたことが印象的でした。
もしかしたら、今の日本では自分が笑っていないことにすら気づけない毎日なのかもしれません。

そして帰り際、ケントくんが子どもたちにこんな話を・・・
「みんなのおかあさんが望んでいること、それはきっとみんなが毎日元気でたくさん笑うこと。みんなはそんな毎日を過ごして、おかあさんを幸せにしてあげてください。」

そんな感じのことだったと思います。

自分ももっと笑おうといった高校生の子にも、自分が笑顔でいることが誰かの幸せにつながるというケントくんのメッセージが伝わってるかな。

子どもたちはスナーダイクマエにいることで、いろいろな人と出会い、知らないことを知ったり、やったことがないものに触れたりすることができます。
今回のツアーでは、いつも遊んでいるお兄さんのまた別の側面をみせてもらいました。


ケントくん、この訪問の前日に試合を終えたばかりだったんです。
選手というだけではなく、監督というプレッシャーもあると思います。
そんな中でのツアーアテンド、おつかれさまでした。


★おまけ★
ケントくんを初めて知ったのは、わたしが参加している在住者のバレーチームでした。
ある日飛び入りで同じチームになったケントくん。
手でボールを扱うのは苦手だったようで・・・。
大きな体とうらはらにとてもかわいい姿を見せてくれたのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
ランキングに参加しています、クリックして頂けたらうれしいです★

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【スナーダイ・クマエ公式HP】←こちらもご覧ください。
グッズ購入をご希望の方

★Yahoo!ニュース特集記事
挑戦者たちの背中」 ←こちらからご覧になれます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2019/03/31

スナーダイクマエ初★エスコートキッズ

今日は午後からみんなでシェムリアップのスタジアムに行ってきました。
目的は、サッカー観戦。

いつも子どもたちと遊んでくれている、ソルティーロアンコールの選手の皆さんが出場する試合があるのです。

チームの皆さんのご協力で、試合にご招待いただいただけでなく、選手が入場する際にエスコートキッズをさせていただくことになりました。
しかもユニフォームまで22名全員分をプレゼントしていただきました。
関係者の皆様、本当にありがとうございます。

朝、みんなの様子を見にいくと、応援グッズを手作りしてわいわい騒がしく・・・
ちびっこたちは興奮気味に、「おかーさん!」「おかーさん!!」とそれぞれが話してくるので大きな子たちに、一人ずつ話さないとお母さんはわからないよ、と注意されていました(笑
コンが「今日は僕らもサッカーするの?」と聞いてきたのですが、なにか情報が錯そうしているようですね(汗
おねえちゃんたちに、「いつも遊んでくれるお兄さんたちはお仕事がサッカーなんだよ。今日は遊びの日じゃないのよ!」とちょっと怒られてました(苦笑

そんなこんなで午後にはみんなで出発!
これは前日にスタジアムの場所を確認しに行ってくれたサンおじさん。
さすが、ぬかりありません。(わたしはいつも適当・・・)

ピックアップの荷台に乗っていざ!!
シェムリアップの日本人会会長が撮ってくれました
試合開始1時間以上前についたのに、もうスタジアムは黄色いユニフォームでいっぱいでした。

いよいよ試合開始直前。
選手と手をつなぐために待機する子どもたち。

こんな感じで入場させてもらいました。
なんか・・・わたし・・・全然サッカーのこと知らなくて、今までもちゃんと見たことなかったんですが・・・
とてもじーんとしました。
小さい手を選手の皆さんがしっかりと握ってくださって・・・。
よかったなあ、子どもたちよ・・・。

ゴール間際にボールが行くたびに歓声が沸いて、

スースー ソルティーロ!(かんばれ、ソルティーロ)の声援が挙がっていました。

子どもたちも、フミヤ―!ケント―!トモ―!といつも遊んでくれる三人の選手の名前を叫んでいました。

結果は1点差で負けてしまったのですが、子どもたちは本当に楽しそうで、一層選手の皆さんを好きになったようでした。

これからも応援します★
選手の皆さん、おつかれさまでした。

子どもたちはこれからも応援させていただきます。
今後のご活躍、期待していますね。

めったにない経験をさせていただいて、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
ランキングに参加しています、クリックして頂けたらうれしいです★

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【スナーダイ・クマエ公式HP】←こちらもご覧ください。
グッズ購入をご希望の方

★Yahoo!ニュース特集記事
挑戦者たちの背中」 ←こちらからご覧になれます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2019/03/28

実りの酷暑期

まだまだ酷暑期のカンボジア。
毎日、暑いです。少しマシになったよう気もしますが、気のせいかもしれません。

子どもたちの台所の脇に植えたわけでもないのに勝手に自生していたジャックフルーツ。

少し前から実を付けてどんどん大きくなっておりました。

かなり大きいです
写真だとわかりづらいかもしれませんが、割れているほうの実を抱えると生後6か月以上の赤ちゃんくらいの感じです。(もっとわかりづらいか・・・笑

大きくなるものはさらにもっともっと大きくなるのですが、こちらは割れてきているのと
もう少しで地面についてしまいそうなので収穫しました。

みんなでいただきます
ちびっこたちが実を支えて、赤いチェックのシャツを着たサロァッちゃんが切ってくれて無事に収穫完了。

ちなみに施設の敷地内では現在絶賛マンゴー祭り開催中。
20本以上ある木が豊作で、訪問される日本人の方に「売るんですか?」と訊かれます。

売りません、というか、売れません・・・笑

今、カンボジアはどこに行ってもマンゴーマンゴーの時期なので(和歌山の冬のみかんみたいな・・・これもわかりづらい 笑)みんな持て余していると思います。

そしてココナツの木もよーく見上げると実がたくさんなっていました。

暑い暑いカンボジアではありますが、果物は実りの時期を迎えています。


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
ランキングに参加しています、クリックして頂けたらうれしいです★

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【スナーダイ・クマエ公式HP】←こちらもご覧ください。
グッズ購入をご希望の方

★Yahoo!ニュース特集記事
挑戦者たちの背中」 ←こちらからご覧になれます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2019/03/27

夜の自習時間

スナーダイクマエでは毎週土曜日を除いた夜7時から9時までは、子どもたちの自習時間になっています。
(土曜日はテレビの時間です)

小学生は8時まで、中高生は9時まで宿題をしたり、自分のやりたい勉強を各自ですることになっています。

用務員のサンおじさんがその時間を見てくれているのですが、水曜日はおじさんのお休み、日曜日は指導員のソカーさんとトゥーイさんが基本的にお休みなのでサンおじさんが日勤(夕方帰宅)のため、お母さんが自習時間に付き添うことになっています。

今日の自習時間は・・・



わたしが近づくと、にわかに本を読みだす子どもたち・・・笑
昨日発熱していたトッラーも回復したようで安心しました。



この兄弟も・・・勉強が苦手なようで・・・苦笑
一応みんななんとか8時まで集中していた模様。

わたしがメールの返信などをしていたので、ふと時計を見ると8時2分。
シエンリンと目が合いました。「おかあさん、もう時間やで」と訴える目。(笑
「ドル マオン ハウイ」(もう時間やで)と声をかけると、ゾロゾロ―と部屋に帰っていくちびっこたち。
これからシャワーを浴びて就寝です。


教室では中高生が英語の授業を受けています。

高校3年生のオンとヤーンは、明日テストがあるということで英語の授業はおやすみ。
2人ともそのことを自習時間が始まるときにわたしに言いに来てくれました。

ソカーさんからそのことは事前に聞いていたのですが、自分からも言いに来るというのは良い習慣が身についてきていると感じました。

おかあさんはこの2時間を利用して、メールの返信やブログ更新、最年少スレイオンの
鉛筆削りを手伝ったりしています(笑


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
ランキングに参加しています、クリックして頂けたらうれしいです★

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【スナーダイ・クマエ公式HP】←こちらもご覧ください。
グッズ購入をご希望の方

★Yahoo!ニュース特集記事
挑戦者たちの背中」 ←こちらからご覧になれます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2019/03/20

魚のその後・・・

前回ブログにてお伝えした養殖池の魚たち・・・。

どうなったのでしょうか。

わ、かわいい料理教室
どの角度から見てもかわいい(親ばか・・・)
で、魚はというと・・・

きれいにさばかれていますね
調理はサロァッおねえちゃんが。
揚げ焼きみたいな感じです
魚、けっこうな量がありますが・・・笑

食堂全景
うちの食堂はオープンスペースで、けっこう広いです。
食事をしたり、自習時間に勉強したり、絵を描くときに利用したりします。

できましたーーーー
小学生たちは午後から学校なので、食事前に制服に着替えていますね。

いただきまーす
ということで、このようにしてみんなのおなかの中に入った模様です。


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
ランキングに参加しています、クリックして頂けたらうれしいです★

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【スナーダイ・クマエ公式HP】←こちらもご覧ください。
グッズ購入をご希望の方

★Yahoo!ニュース特集記事
挑戦者たちの背中」 ←こちらからご覧になれます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::